教育ローンとは低金利で教育資金を用意できる金融商品

教育ローンとは積み立てでは賄いきれない子どもの教育費用を国や民間金融機関の融資でカバーするものです。国の教育ローンとは日本政策金融公庫が実施するもので教育一般貸付があります。特徴としては入学金や授業料だけでなく、受験料や交通費、学生の国民年金保険料も対象に含まれます。限度額は350万円までで、返済期間は最長15年、在学中は利息分の返済のみで済みます。これに対して民間金融機関の教育ローンは無担保と担保有で、国の教育ローンが固定金利であるのに対して変動金利型もあります。幅広く使い道がある点では国の教育ローンにメリットがありますが、民間金融機関の場合は高額融資を受けられる場合もあり、銀行との取引実績次第では金利が優遇されることもあります。教育ローンとは積み立てや保険商品ではカバーできない部分の補完的なものです。奨学金の活用も教育費用の捻出方法であり、金利と利息負担を考えてベストミックスで構築するのがベストです。



l教育ローンの審査でチェックされる項目

l教育ローンは借りやすい、利用しやすいカードローンとして注目されています。l教育ローンは通常の教育ローンと同じように使えますが、利用額が設定されるので返済が進めばまた利用限度内で借りられる点が評価が高いです。l教育ローンでは便利なので審査が厳しいと思われがちですが通常のカードローンと同様の審査が行われるので比較的審査が通りやすいと言われています。チェックされる項目は主に2つです。1つは返済能力です。返済能力については年収によるチェックになるのでアルバイトやパート、個人事業主でも借りられることが多いです。2つ目は他からの借入状況です。カードローンと同じ扱いになることが多いので総量規制に当たることが多く総収入の3分の1が限度額に設定されることが多いようです。ただし、夫婦で申し込んだり、担保を用意することでさらに多くの金額を借りられる場合もあるので事前に相談をして必要になることを把握しておくとスムーズに借りられます



金利を見てl教育ローンを考える

子供の学校への入学金、授業料の支払いのために、l教育ローンを組んで取り組む人達がいます。l教育ローンは、大手の都市銀行で取り扱っていますが、金利が比較的高くなっています。しかしどうしてもお金が必要な場合は、l教育ローンの手続きをすることになります。その場合は、金利等をよく考え、検討をすることが必要です。少々金利が高くても、子供は卒業後には必ず就職をし、返済の協力者となる場合もあります。大学等の高等教育機関へ入学をし、卒業をする意味を大切に思うことも必要なことです。子供のやる気と、親の協力をする姿勢とがうまくかみあっている場合は、l教育ローンでお金を用意することも意味があります。様々な銀行でこういったローンは用意されていますので、あまり負担にならないようなところで借りることが大切です。ローンは長く続く場合もありますので、その間に親の方も仕事をしていることも必要です。家族総出で子供が学校に通う意味を大切にすることになり、有意義なこととなります。



どうする?『l教育ローン』と『奨学金』

 l教育ローンを組むか、?奨学金を受けるか? 教育資金の調達はいつの時代でも保護者にとって大きな課題です。 以前は奨学金を受けられるのは、きわめて成績優秀な一握りの人たちでした。 現在、多くは金利もしっかり頂きますというl教育ローンと、どこが違うの?と訊きたくなるような物も少なくないとのこと。 l教育ローンにしても奨学金にしても、利用を決める前にしっかり内容を確かめたいところです。 返済の要があるならば誰が返済するのか、どのように返済の資金が調達できるか、返済期間はどのくらいに成るのか、返済総額はいくらに成るのか等、徹底的に調べ尽くす姿勢で臨み、将来に禍根を残さぬよう心がけましょう。 本来ならば教育を受ける本人が、社会人に成って返済を担うのが筋でしょうが、若年層の就職難は想像を絶するようですから、 無い物ねだりではないけど『就学中の成績抜群につき返還を免除します』なんて言われるような優秀な子供を持ちたい物です。



l教育ローンはなるべく低金利で

子どもがいる家庭に重くのしかかってくるのがl教育ローンです。私立の大学など子供の進学先によっては、家族全体のライフプランを変更せざるを得なくなることもあります。大学卒業までの学費を賢く乗り切るには、l教育ローンをなるべく低金利で押さえることに限ります。l教育ローンで低金利なものに、国の教育ローンがあります。国の教育ローンは低金利なだけではなく固定型金利のため安心で、一年中いつでも申し込みが可能です。受験前に借りることもでき、教育一般貸付と郵貯貸付と年金教育貸付の3つの教育ローンがあります。国民生活金融公庫が取り扱っているのが教育一般貸付で、年齢についての条件は特にありませんが、融資を受けるには年収の条件があります。全国のゆうちょ銀行と郵便局が扱っているのが郵貯貸付で、融資を受けるには教育積立郵便貯金をしていることが条件です。独立行政法人福祉医療機構が取り扱っているのが年金教育貸付です。融資を受けるには、厚生年金か国民年金の加入期間が10年以上の被保険者である必要があります。



l教育ローンの審査基準にはどのようなものがあるのか

l教育ローンには、国が行っているものと金融機関が行っているものがあり、それぞれ審査基準に多少の違いがあります。国の日本政策金融公庫のl教育ローンの審査基準として、まず世帯年収が上限以内であることがあげられます。扶養している子供の人数によって世帯年収の上限が異なり、1人であれば790万円、2人であれば890万円、3人は990万円、4人は1090万円となり、子どもが1~2人の場合において、要件に該当すれば990万円まで上限が緩和されます。またその他に、借り入れの状況、住宅ローンの返済や公共料金の支払状況などから総合的に判断されます。金融機関におけるl教育ローンの場合の審査基準は、国の教育ローンより審査内容が少し厳しくなっていて、一般的に年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が70歳程度までであること、年収が200万円以上または300万円以上で、勤続年数が1年又は2年以上であること、借入金の返済に遅延などがないこと、返済比率が30%程度を超えないことなどが挙げられます。



最新情報はこちら!

国の教育ローン

特定調停今日行くローン